一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

  • 日本語
  • English
  • Francais
  • Deutsch
  • 中国語



2011年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2011.11.07 17:53

自立復興セミナー「光に向かって」の開催(10/29 一関市立川崎公民館)

10/29に開催しました自立復興セミナー「光に向かって」は、
陸前高田、大船渡、気仙沼、石巻における被災者の方々を含め、
宮城・岩手県内より約90名の方にご参加いただき、
会場全体が一体となる意見交換が行われました。


 

1029_7.jpg1029_8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカッションでのご意見を、一部ご紹介します。
-----------------------------------------------------------------------------
震災から7ヶ月を超えて

 

1029_1.jpg・郷愁は持ち続けなければならないが、未練は断ち切らねばと
 気を振り絞っている。
・家族を失ったことは、本当に辛く、まだ受け止めきれていない。
 しかし、その家族を奪ったのは自然です。人は人を大いに助け、
 自分も救っていただいたことに感謝しています。悲しみに対する
 気持ちの整理はついていませんが、今生きている人たちのため

 に、何ができるのかを、ひたむきに考えています。

 

本格的な冬期を前に"決まっていない"現実


1029_2.jpg・気仙沼市内だけでも、まだ7000人の仕事が必要です。
 仕事なくして地域の復興はあり得ないし、企業が立ち上がれ

 ないと雇用は生まれない。雇用を創出する産業・企業に

 対する支援を願って止まない。
・法的な問題(建築基準法の遵守)や瓦礫撤去に伴う省庁間の
 役割分担が足枷になり、復興が進まないのがもどかしい。自助
 努力ではどうにもならないことがネックになっている。
・仕事は、何とか働くためには職種転換も必要になることを

 視野に入れている。この求職活動に対する、国や行政の

 サポートがほしい。

 

地域の復興がめざすもの

 

1029_3.jpg・地域のライフラインも支える地場企業は、絶対に地域に
根ざして生きてゆかねばならないからこそ、地域と運命共同体
として生きています。我々地場企業がたたかっている相手は、
年商5兆円を超える大手同業他社ではなく、震災であることを
理解していただきたい。
・地域における役割を見出し、担おうとしている。自分では、自立
するうえで必要な考え方だと思っている。

ゼロから考える町づくり


1029_4.jpg・仮設住宅入居者の方々とのお茶っこクラブ(茶話会)を開いて
 います。夕方クラブが終わると、皆で片付け、外を見れば
 子どもたちが夕日を背に一斉に帰ってきて、お嫁さんらしき
 人たちが買い物袋を下げ、「おかえり」「ただいま」と
 声を掛け合う姿があります。
 これは、私の住む藤沢町(岩手県)にはない姿。
 藤沢町は、大きな家が点々とあり、皆独居で暮らしているから

 です。震災前と変わらぬ藤沢町の過疎の暮らしに、今では

 危機感を感じ、新しい町、新しい暮らしを作らなくてはならない

 なら、今は本当に住みたい町や暮らしをつくれる
 スタートラインにいると感じます。
 また、お茶っこクラブには、復興についていけない方が
 大勢いらっしゃいます。涙を流しながら歩く人がいても、
 よいのではないでしょうか。そういった方にどう声をかけたらよいか、
 復興から取り残さないためのチームづくりの必要性も感じています。

 

こどもの未来


1029_5.jpg・大人たちが四六時中、復興に夢中になっている姿を

 こどもたちは見ています。最近の被災地の子らの

 将来の夢は、警察官、自衛官、医師、看護師が

 占めているといいます。この結果は、
 将来を担う子どもの夢として健全で、ふさわしいものでしょうか。
 私は、震災復興にも、過疎にも関係なく、せっかく世界の眼

・日本中の眼が東北に集まっているからこそ、こどもたちには
 もっと世界を知る機会を与えてあげて、こどもたちの可能性を
 考えるべきではないかと思います。

------------------------------------------------------------------
他にも、ありのままの様々なご意見が交されましたが、
ディスカッションに一貫していたのは、
「どうしたら政府に働きかけ、復興できるのか」という論点です。


1029_6.jpgこれに関し、コーディネーターの吉水氏は、
「ボランティアのもつ無償的・公益的・自発的な性質が
一番のエネルギーになるのではないか」と投げかけ、
ボランティアが自発的であるがゆえ、人と人とが草の根運動的な
拡がりをもてば、そのボランティアを統括するような組織となり、
従来の制度とは別の、理念をもった新しい民主運動
となり得るのでは、との言葉で、会は締め括られました。

 

連帯東北は今後も、被災地の自立支援と復興に向け
協調・協力をしてまいります。

 

 

カテゴリ:Staffレポート

2011年11月07日 17:53 admin

2011.11.02 21:32

自立復興セミナー「光に向かって」が岩手日日新聞に紹介されました

10/29(土)、一関市立川崎公民館にて開催しました
自立復興セミナー「光に向かって」の模様が、
岩手日日新聞(10/30発行の朝刊)に紹介されました。
(本記事は岩手日日新聞社の許可を得て掲載しています)

 iwatenichinichi_1030(light).jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーの様子は後日お知らせいたします。 

 

 

カテゴリ:Staffレポート

2011年11月02日 21:32 admin

インフォメーション

連帯東北・西南
具体的な支援活動

各地の支援をレポートします。

最近の記事

  • 自立復興セミナー「光に向かって」の開催(10/29 一関市立川崎公民館)
  • 自立復興セミナー「光に向かって」が岩手日日新聞に紹介されました