一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

  • 日本語
  • English
  • Francais
  • Deutsch
  • 中国語



2021.03.12 12:06

東京都練馬区 浄土宗九品院 鎮魂の祈り(3/11 2021)

2021-Mar-11-img8.jpg 2021-Mar-11-img9.jpg 2021-Mar-11-img10.jpg

2021年3月11日(木)午後2時30分より、東京では浄土宗九品院(くほんいん)にて藤木様(名誉住職)のご先導で、 追悼と鎮魂の祈りが捧げられました。 セイエド・タヘル(弊財団評議員)も"アザーン"を通してお祈りを捧げました。 以下の動画をご覧下さい。

既によくご存知のことですが、岩手県陸前高田市の米沢祐一さんは、2011年3月11日の震災当日、 陸前高田市中心部で包装用品店を経営されていましたが、その日は鉄筋3階建てビルの屋上に避難し、 最後は煙突部分に登って九死に一生を得ました。米沢氏は自身がこの建物を後世の為に残すことを決め、 大規模なかさ上げ工事により被災前の面影が消えてゆく街の中心部で、震災遺構として自費でビルを残され、 今にその経験を語り続けておられます。

建物屋上にある煙突の「津波到達水位」を示す看板には、次に津波が来たときには誰にも死んで欲しくないとの願いが込められておりますが、 震災直前に生まれた長女の米沢多恵ちゃん(小学校4年生)は、「防災マイスター」を目指す人を対象 (本来は中学生以上)にした講座を受講し、 別枠のキッズマイスターに認定され、けなげに父親の活動を支えています。

2021-Mar-11-img11.jpg 2021-Mar-11-img12.jpg
2021-Mar-11-img13.jpg 2021-Mar-11-img14.jpg

私共のささやかな自立支援活動も10年を迎えましたが、東日本大震災の犠牲者やご遺族の皆様のご冥福を改めてお祈り申し上げると同時に、 希望に向かって歩まれておられる多くの皆様のご多幸を祈念致します。

カテゴリ:Staffレポート

2021年03月12日 12:06 admin

2021.03.12 11:47

千厩国際倶楽部 植樹イベント(3/11 2021)

2021-Mar-11-img1.jpg 2021-Mar-11-img2.jpg

震災から10年目を迎える2021年3月11日(木)午前10時より、当財団の活動拠点となる千厩国際倶楽部にて、 村上一朗さんの先導で、鎮魂の願いを込めて7本の桜の植樹(補足1)がなされました。

2021-Mar-11-img3.jpg 2021-Mar-11-img4.jpg

当財団では、自立支援でお役に立てばと震災直後より活動して参りましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、現地へ赴いての支援は昨年来やむなく断念しています。

2021-Mar-11-img5.jpg 2021-Mar-11-img6.jpg 2021-Mar-11-img7.jpg

【補足1】

植樹は当財団の設立当初より現地でお世話になっている村上一朗氏(弊財団理事)、小野寺慶士氏(株式会社アグリサービス代表取締役)、 尾形香氏(有限会社尾形建設 代表取締役)、佐藤伸朗氏(酪農家)の4名によって行われました。

カテゴリ:Staffレポート

2021年03月12日 11:47 admin

2020.02.05 09:36

陸前高田市「防災マイスター」に小学校3年生が別枠で認定されました

当財団の評議員を引き受けて下さっている岩手県陸前高田市の米沢祐一さんは、 2018年度に陸前高田市の「防災マイスター」に認定されておりますが、長女の 米沢多恵さん(小学校3年生)も、「防災マイスター」を目指す人を対象 (本来は中学生以上)にした講座を受講し、別枠のキッズマイスターに認定 されました。

そのことが 2月4日付け岩手日報の朝刊にて掲載されておりますので、紹介させて戴きます。

ある養護施設の子供たちに漁業体験をしてもらおうとの想いから始まったイベントですが、毎年の恒例行事となり施設の皆さんが楽しみにしていたそうです。 3台の車にて約20名が小友町の港に到着すると、子供達は村上さんと代表理事を取り囲み、イベントのスタートとなりました。 驚くことに、船の名前を憶えている子供もいて、「天洋丸に早く乗せて」と早速におねだりが始まった様です。

米沢祐一さんは、復興が進む陸前高田市で、東日本大震災当時のままの姿を残す 自社ビルを自力で震災遺構として残すことを選択し、これまでに多くの方々に 案内を続けており、娘の多恵さんが防災に強い関心を持つようになったことは、 非常に心強いのではないでしょうか。

カテゴリ:Staffレポート

2020年02月05日 09:36 admin

2019.09.16 16:04

子供たちとのふれあいイベント (9/15 2019 陸前高田市)

2019 年9月15日(日)、岩手県陸前高田市小友町(おともちょう)にて、ある児童養護施設の児童(以下 子供たち)とのふれあいイベントを開催しました。 毎年の恒例行事となりましたが、漁師の村上優一さん(小友町在住)に、事前の準備に始まり、当日の会場設営、船の手配、食事その他、様々なお世話をして戴きました。

2019-Sep-15-img1.jpg 2019-Sep-15-img2.jpg

天気に恵まれ好調な滑り出しとなり、会場の事前準備もスムースに行えました。村上さんの天洋丸も準備万端で、あとは子供達の到着を待つだけとなりました。

ある養護施設の子供たちに漁業体験をしてもらおうとの想いから始まったイベントですが、毎年の恒例行事となり施設の皆さんが楽しみにしていたそうです。 3台の車にて約20名が小友町の港に到着すると、子供達は村上さんと代表理事を取り囲み、イベントのスタートとなりました。 驚くことに、船の名前を憶えている子供もいて、「天洋丸に早く乗せて」と早速におねだりが始まった様です。

2019-Sep-15-img3.jpg 2019-Sep-15-img4.jpg

村上さんは、子供達のリクエストに応じて下さり、すぐにクルージングを始めて下さり、合計3回に分けて湾内を案内して下さったのでが、皆さんが大喜びでした。

2019-Sep-15-img5.jpg 2019-Sep-15-img6.jpg

当財団のタヘルも子供たちと一緒にクルージングを満喫!最後は接岸作業をしていた村上さんのお手伝いです。

2019-Sep-15-img7.jpg 2019-Sep-15-img8.jpg

今年も釣り好きのスタッフが仕掛けなど準備し、釣り楽しみにしていた子供達と楽しい時間を過ごしました。たくさんの魚を釣ることが出来て、子供たちは大興奮でした。 小さなサバを釣り上げ、その後に焼いて食べることが出来たラッキーな子もいたほどです。

2019-Sep-15-img9.jpg 2019-Sep-15-img10.jpg

本日のメイン食材は、村上さんが沖合で調達してきた毛ガニでした。 タコもたくさん頂きましたが。毛ガニは、我々がカレー作りで使用している大鍋を使って茹でたあと、村上さんの奥様に指導を受けながら子供達の為にカニを食べやすく加工しました。 食べるのは簡単ですが、作業は大変だった様です。

2019-Sep-15-img11.jpg 2019-Sep-15-img12.jpg

バーベキュー台は2セット用意し、鉄板と網に分けて肉、野菜、魚介を焼いております。 いつも原色のTシャツ姿で登場される村上さんですが、今年は黄色で背中には「岩手」ではなく「北海道」とのプリントがありました。 日に焼けて逞しい姿、とてもかっこよかったですが、いつもの様に笑顔がかわいらしく素敵でした。

2019-Sep-15-img13.jpg

大槌町吉里吉里の高橋和尚(吉祥寺)が、ご息女と共に励ましに来てくださいましたが、お土産におやつもたくさん持参して下さり、子供達も大喜びでした。

我々のできる活動は限られておりますが、協力者の皆様の支援に助けていただきながら、今後も様々な形で自立支援活動を続けてゆく所存です。

タコの村上さん、そして奥様、ありがとうございました!

カテゴリ:Staffレポート

2019年09月16日 16:04 admin

2019.09.15 15:10

千厩国際倶楽部イベント講演会「日本の将来を担うTeenagerの皆さんへ」の開催 (9/14 2019 千厩国際倶楽部)

2019-Sep-14-img1.jpg 2019-Sep-14-img2.jpg

2019年9月14日(土)、元パン・アメリカン航空の高橋文子さんに千厩国際倶楽部へお 越しいただき、地元の高校生の皆さまと一緒にカレーを作りながら親睦を深め、講演会と夕食 会を通して、世界で活躍された高橋さんからお話を伺いました。

高橋さんは、ご両親が岩手県出身で、ご自身も2歳から9歳まで岩手県で過ごされました。 その後、中央大学法学部へ進学、ご卒業後にポーランド大使館勤務を経て、1967年に、応 募者250名に1 名の難関を突破されて、スチュワーデスとして「パン・アメリカン航空(略 してパンナム)」に入社されました。米国が華やかだった1960年代、パンナムは世界最大の 航空会社であり、世界の空を飛び回る旅客機と言えば、当時は誰もが「パンナム」という名前 をイメージするほどでした。

入社のきっかけは、ある日のジャパンタイムズの求人欄で、"パン・アメリカン航空が日本人 スチュワーデス第一期生を募集中"という広告を見つけたことからだそうです。(今日、キャビ ン・アテンダントという言葉が一般的になりましたが、当時はそう呼ばれていました。)たった 半年間で辞めるつもりで入社したのが、16年間1 万時間以上も国際線スチュワーデスとして、 世界の空を飛び続けられました。大学時代から英語には慣れ親しんでいたそうですが、入社当 時のトレーニングでは英語のヒアリングに苦労し、6ヶ月程は大変だったそうです。

輝かしいご活躍に関するお話だけでなく、幼少期に過ごされた岩手県での苦労話や、川で溺 れそうになったことなどお話しくださいましたが、話だけではイメージが出来ないかもしれな いとのことから貴重な写真を集めてパワーポイントでスライドを作成してくださいましたので、 とてもわかりやすいご講演でした。

高橋さんの未知への好奇心と実行力は素晴らしいもので、70歳で通訳案内士(ガイド)の 資格を得て、外国人の観光ガイドをするかたわら、執筆活動も続けておられます。

2019-Sep-14-img3.jpg 2019-Sep-14-img4.jpg

今回の講演会は50名近くの参加となり、そのうち15名が千厩高校の生徒達でしたが、 講演会が終わったあとの食事会では、それぞれが高橋さんと質疑応答となりました。 高校生達は、それぞれが自身の将来像についてしっかりとした考えをもっていることが印象的 でした。高橋さんも丁寧にアドバイスをされていましたので、若い方々にも有意義なひと時と なったと思います。

今回の講演には、高橋さんのお嬢様も応援に駆けつけて下さりましたが、女性誌のモデルや TVCMにもご出演されていることから、女子高生に大人気でした。

未知への好奇心と、その思いを実行に移す行動力に支えられてグローバルな舞台で活躍され た高橋さんから生徒達へのメッセージは「英語力を磨くために映画を何度も繰り返し鑑賞する こと、行動力の源となる自分の勧化をしっかり持つこと、そしてなんでも言い合える友人を持 つことが大事である」と強調されておりました。

代表理事からは、「町おこしは政治家にまかせるのではなく、若者が率先して動いてほしい!」 との想いから、皆さんにエールを送りました。連帯東北・西南では、ILC(国際リニアコラ イダー)の建設実現こそが、東北が復興を越えて更に発展して行く為の起爆剤になると確信し、 少しでも力になれればと、2013年6月に平泉から一関までのウォーキングイベントを開催 し、アピールしました。今度は、高校生の皆さんが中心になって、ILC建設が実現するまで 定期的に、ウォーキングイベントを実施してはどうかとの提案で締めくくられました。

カテゴリ:Staffレポート

2019年09月15日 15:10 admin

インフォメーション

連帯東北 Staffレポート

現地駐在スタッフブログ

最近の記事

  • 東京都練馬区 浄土宗九品院 鎮魂の祈り(3/11 2021)
  • 千厩国際倶楽部 植樹イベント(3/11 2021)
  • 陸前高田市「防災マイスター」に小学校3年生が別枠で認定されました
  • 子供たちとのふれあいイベント (9/15 2019 陸前高田市)
  • 千厩国際倶楽部イベント講演会「日本の将来を担うTeenagerの皆さんへ」の開催 (9/14 2019 千厩国際倶楽部)
  • 岩手県立千厩高等学校にて講演会開催 (9/12 2019 千厩高等学校)
  • Green&White Day Lunch -Ecological Living-(6/8 2019岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)
  • 第8回自立支援シンポジウム「光に向かって‐国の成功のカギは若者たち Youth, key to success of a Nations‐」の開催 (3/16 2019 千厩国際倶楽部)
  • 千厩国際倶楽部クリスマス会(12/22 2018岩手県一関市)
  • 千厩高等学校 訪問(7/10 2018)