一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

  • 日本語
  • English
  • Francais
  • Deutsch
  • 中国語



2022.11.21 19:36

地域の皆様との昼食会・夕食会、判官森散策(2022/11/1, 宮城県栗原市栗駒)

同日午後に行われた拝舞殿落成式の前に、拝舞殿を竣工した有限会社栗駒建業会長の高橋安敏さんご夫妻が営まれる民宿なごみの家にて、 「静の舞」を披露するため栗駒を訪れた日本舞踊家の西川翠扇様と地方(じかた)、スタッフの方々と我々に地元の方々からのおもてなしとして、 栗原の郷土料理であるお餅が振舞われました。お餅は全てつきたてで、雑煮餅・あんこ餅・ずんだ餅・納豆餅など沢山の種類が机に並びました。 お餅はどれもとても美味しく、落成式本番前の緊張もほぐれ、皆が笑顔になれたあたたかい時間でした。 昼食と支度場所を提供してくださいました高橋さんご夫妻、そしてつきたてのお餅でもてなしてくださった地元の皆様のご配慮に心より感謝申し上げます。

2022-Nov-01-img13.jpg 2022-Nov-01-img14.jpg

落成式の後には、奥州くりはら義経会会長の菅原直之さんのご案内のもと、判官森にある義経公の胴塚をお参りしました。 菅原さんからは、なぜ判官森に墓碑を建てたのかなど胴塚にまつわる歴史を詳しく解説して戴きました。 また、菅原さんは今年7月に当財団のタヘルが初めて判官森を訪れた際、イスラム教のアザーンでお祈りを捧げたことが印象的だったそうで、 亡くなってから八百数十年後にイスラム教徒が義経公をお参りするとは義経公も驚いただろうと笑いながらおっしゃっていました。

2022-Nov-01-img15.jpg 奥州くりはら義経会会長 菅原直之さん
2022-Nov-01-img16.jpg

18:00からは、平成11年6月に判官森の義経公胴塚の御霊土と、 神奈川県藤沢市白旗神社にある首塚の御霊土を合祀した後、藤沢市から宮城県栗駒まで500キロの道のりを43日間歩かれたという菅原次男さんが営まれるくりこま荘で、 義経会の方々が開いてくださった夕食会に参加しました。 義経会副会長の佐藤博泰さんは、西川翠扇様と地方の方々が栗駒へ訪れてくださることをとても楽しみしてくださっていたそうで、 おもてなししたいという気持ちで同級生12人連携してお餅を用意したとお話してくださいました。拝舞殿の外に掲げられていた横断幕も、 歓迎の気持ちを伝えたくて自ら書いてくださったとのことでした。 夕食会の最後には当財団タヘルも11年間東北を支援してきた中で栗駒の温かい方々との繋がりは 自分にとってプレゼントのようだと皆様への感謝の思いを伝えたと共に、連帯東北・西南の活動は次のフェーズに入ったと思うと話していました。

2022-Nov-01-img17.jpg 奥州くりはら義経会副会長 佐藤博泰さん
2022-Nov-01-img18.jpg

今年 7月末に、代表が初めて栗駒の地を訪れた際には、拝舞殿は有限会社栗駒建業会長の高橋さんが数名の若者を指揮して、 土台と骨組みが立ち上がったばかりの状況でした。それから正味約 3カ月で落成式を無事迎えられた事は、亡き義経公のご加護の下、天候にも恵まれ、 まさに獅子奮迅のお働きの故と、高橋さん以下建設に携わられた皆様の無私のご努力に、心からの敬意を表させていただきます。

カテゴリ:Staffレポート

2022年11月21日 19:36 admin

2022.11.21 18:38

栗駒山判官森 拝舞殿 落成式(2022/11/1, 宮城県栗原市栗駒)

11月1日(火)13:30より、宮城県栗原市栗駒にある源義経の御胴体(おどうたい)が祀(まつ)られる判官森(はんがんもり)のすぐそばに 有限会社栗駒建業会長の高橋安敏さんご夫妻が建てられた拝舞殿(はいぶでん)にて、 源義経公墓所・判官森を守る会と奥州くりはら義経会が主催し、 当財団が後援しました落成式(らくせいしき)が執り行われ、 会場には約150名の観客が集まりました。

2022-Nov-01-img5.jpg 2022-Nov-01-img6.jpg

はじめに源義経公墓所・判官森を守る会と奥州くりはら義経会会長の菅原直之さんによる開会の挨拶があり、 続いて来賓として参加された神奈川県藤沢市白旗(しらはた)神社の鈴木宮司の祝辞では子々孫々まで拝舞殿が残ることが 祈念されました。当財団の代表理事も挨拶し、自立支援を趣旨として11年前から活動を行ってきた我々は 少子高齢化等の社会問題についても地域の方々の傍に寄り添って共に考えて活動していること、 その一環として今年平泉に源義経、静御前、その間に生まれた源静義の記念碑を建てたり、 6月と7月には岩手県千厩の白幡(しらはた)神社にて義経公と静義公の鎮魂祭を初めて執り行ったりしたことを話されていました。 また、栗駒の地で素晴らしい落成式を行うことが出来たのも白幡神社の小山宮司と、 当日会場にいらしてくださいました奥様とのご縁があったからであるとも語っておりました。

2022-Nov-01-img7.jpg 2022-Nov-01-img8.jpg

落成式では記念公演として、拝舞殿を建てられた高橋さんの弟で歌手の橋弘之さんによる「奥州しのび唄」、 栗原神楽、城生神楽、そして特別講演として当財団がお招きした西川翠扇様による「静の舞」が披露されました。

2022-Nov-01-img9.jpg 2022-Nov-01-img10.jpg

かつて義経公と生き別れ、捕らわれの身となった静御前が別れの悲しみを訴えて鎌倉鶴岡八幡宮で舞った「静の舞」が、 時を超えて義経公が眠る判官森のそばで舞われたことはなんとも胸が熱くなる時間でした。演者の西川翠扇様も、鎌倉鶴岡八幡宮の舞殿に立つ静の心情とは別に、 「静の舞」で詠われている静の義経への思いをより強く届けられるよう表現したとのことでした。

2022-Nov-01-img11.jpg 2022-Nov-01-img12.jpg

また、今回の「静の舞」の公演では、東京藝術大学出身の地方(じかた)7名(長唄、三味線、小鼓、大鼓、笛)の皆様が素晴らしい演奏を聞かせてくださいました。 宮城県まではるばるお越し下さり、素晴らしい舞台を披露してくださった西川翠扇様と地方、後見の西川翠菜様、他スタッフの皆様には心より厚く御礼申し上げます。 本当にありがとうございました。

カテゴリ:Staffレポート

2022年11月21日 18:38 admin

2022.11.21 17:06

地域の皆様との夕食会、知勝院訪問(2022/10/31-11/1, 岩手県一関市)

10月31日(月)18:00より、約20名の皆様との夕食会を我々のベースキャンプ千厩国際俱楽部にて開催しました。

今回は、かねてよりお付き合いのある地域の皆様に加えて、中央大学保全生態学研究室の西原先生と大学院生の西條さん、 そして一関市にある知勝院の千坂げんぽう前住職にもご参加戴きました。 西原先生は、全国の生き物と環境の変化について、 また石川県や千葉県における生物多様性の保全(さまざまな生き物同士の繋がりとその生息環境を守ること)への取組みを研究されていらっしゃいます。 その研究に興味をもった代表理事が西原先生へ連絡をしたところ、先生が研究の為に定期的に一関市の知勝院を訪問されていると聞き、 知勝院の千坂げんぽう前住職とご一緒に初めて夕食会にご参加戴くこととなりました。

知勝院は日本で最初に樹木葬を取り入れた墓地として知られていますが、千坂げんぽう前住職によりますと、 田村右京太夫に始まる一関藩三万石の藩主田村家の菩提寺である祥雲寺の別院として活動してきた「樹木葬の里」が、 長倉山知勝院として宗教法人として認可され、現在は祥雲寺とは別の兄弟寺として、 自然保護活動を行っているそうです。我々の活動でも大変お世話になっており、 今回の夕食会にもご参加戴いた白幡神社の小山宮司の奥様は田村家のご出身であることから、 千坂げんぽう前住職との再会を大変喜んでいらっしゃいました。

夕食会の食事は、大籠の畠山さんご夫妻にスキヤキをご用意戴き、いつもながらに大好評でございました。ご準備頂きました畠山さんご夫妻には心より感謝申し上げます。

2022-Nov-01-img1.jpg 2022-Nov-01-img2.jpg

夕食会に千坂げんぽう前住職もご参加戴いたことがきっかけで、その翌日11/1(火)に知勝院を実際に訪問させて戴きました。 日本初の樹木葬墓地として知られる知勝院は、里山型の樹木葬墓地で、生態系豊かな自然環境を維持し、 後世へ残すことを考えて整備・運営されております。千坂げんぽう前住職ご自身が生物や植物に対して造詣が深く、 地域の生態系保全の活動や環境教育の取り組みも行っているからこそ実現出来たと感じられる墓地でした。

2022-Nov-01-img3.jpg 2022-Nov-01-img4.jpg

今回の活動では、新たに交流を持つことが出来た西原先生や千坂げんぽう前住職が、 不思議なことに我々の活動拠点である一関、千厩地域とも繋がりがあることが分かりました。 これまでにお付き合いのある皆様はもちろん、このような新たなご縁も大切に今後も活動を続けて参りたいと思います。

カテゴリ:Staffレポート

2022年11月21日 17:06 admin

2022.07.30 09:47

琴演奏会・地域の皆様との夕食会(7/29, 2022 岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)

7月29日(金)18:00より、我々のベースキャンプ千厩国際俱楽部にて箏曲演奏家の山路みほ様の演奏会を開催し、200年前から現代の楽曲まで計5曲を演奏して戴きました。 この日は朝から祭事が続きましたが、山路さんの美しい演奏に皆の心が安らぎました。 岡山より岩手までお越し戴き、何度も素晴らしい演奏を披露してくださいました山路様に心より感謝申し上げます。

2022-Jul-29-img8.jpg 2022-Jul-29-img9.jpg

19:00からは、地域の皆様との約32名での夕食会を開催しました。今回の夕食会は東京プリンスホテルの中華料理のシェフ李秋榮さん、 そして李シェフのご友人であるフォンさんに、お二人の出身地である台湾とベトナムの料理を融合させたヘルシーな食事を振舞って戴きました。 料理には、2016年度からオランダ式水耕栽培施設の共同運営を立ち上げた武山郁夫さんから戴きましたトマトとパプリカもふんだんに使われ、皆で美味しく戴きました。

2022-Jul-29-img10.jpg 2022-Jul-29-img11.jpg

夕食会には岩手県陸前高田市の米沢祐一さん、奥様そして娘の多恵さんにもご参加戴きました。 米沢さんは、2011年3月11日震災当日、自身が営んでおられた包装用品店の鉄筋3階建てビルの屋上に避難しましたが、 そこにも津波が到達し、最後は煙突部分に登って九死に一生を得ました。 その一方で、すぐ隣にあった避難所に逃げたご両親と弟さんは帰らぬ人となってしまいました。夕食会でのスピーチでは、 このことに悔しさを覚えているが亡くなったご家族の代わりに奥様と多恵さんが生き残ったと思っていること、 震災の年に生まれた多恵さんは今年で11才になったこと、またご自身が助かった「津波到達水位」を示す看板を設置した建物はいつでも説明するので来てくださいとお話し戴きました。

千厩で神経内科のクリニックを開業されている岩本浩之先生ご家族にもご参加戴きました。 岩本先生は、当財団のセイエド・タヘルと友人となり、精神的に非常に救われ、感謝しているとお話しくださいました。 また、岩本先生の奥様にもお話頂きましたが、奥様の地元は鎌倉とのことで、岩手に住みはじめ、 ご自身の地元と距離を感じていたときに当財団の源義経に関する活動を聞き、不思議な繋がりを感じたことを伝えてくださいました。

今回の夕食会は、改めて地域の皆様との繋がりに深く感謝すると共に、今後も皆さまと交流出来るこのような夕食会を続けていきたいと強く感じた時間となりました。

2022-Jul-29-img12.jpg 2022-Jul-29-img13.jpg

カテゴリ:Staffレポート

2022年07月30日 09:47 admin

2022.07.30 09:35

白幡神社 源義経・静義鎮魂祭(7/29, 2022 岩手県千厩町)

過日6月15日の源義経の命日に行われた源義経鎮魂祭に続き、我々の活動拠点である千厩国際倶楽部近くにあります静御前ゆかりの白幡(しらはた)神社にて 義経と静御前の間に生まれた男児、源静義(代表理事の命名)の鎮魂の意を込めたお祭りを静義の生誕の日である7月29日に執り行いました。

2022-Jul-29-img14.jpg 2022-Jul-29-img15.jpg

鎮魂祭では、千厩町の千田清子様(裏千家)による献茶が行われました。また、箏曲演奏家の山路みほ様のご演奏による「静の舞」(山路様の編曲で本邦初演)も義経および静義の御霊に捧げられました。 さらに、今回の祭事では、平成11年6月に宮城県栗原市判官森にある義経の御胴体を祀る胴塚の御霊土と、神奈川県藤沢市白旗神社にある義経の首を祀る首塚の御霊土を合わせ鎮めるお祭りを藤沢白旗神社でされた後、藤沢市から宮城県栗駒まで500キロの道のりを43日間歩かれたという藤原次男様(栗駒山くりこま荘オーナー)のお計らいで、御首を甲(かぶと)、御胴体を冑(よろい)に見立て合祀した「義経願成甲冑(よしつねがんじょうかっちゅう)」を本殿に置かせて戴きました。生憎、藤原様の当日のご出席はかないませんでしたが、ご協力戴きまして誠にありがとうございました。

2022-Jul-29-img17.jpg 2022-Jul-29-img18.jpg

6月に引き続き、今回も白幡神社の小山眞宮司と奥様のお力添えを賜り、このような鎮魂祭を執り行うことが出来ました。準備から当日までの小山ご夫婦の多大なるご尽力に深く感謝申し上げます。

祭事後の社務所での直会(なおらい)では、地元の千厩の方々だけではなく、宮城県栗原市栗駒から4名、西和賀と平泉から各1名など様々なところからご参集戴きました。 代表理事より「歴史は為政者により書かれることが多いが、真実は庶民の心に深くある。」、「守りの姿勢だけの"世界遺産"という考え方を超えて、 一関・平泉周辺の地域をかつて藤原氏が目指されたであろう愛と平和の園にしていくために現代の我々に何が出来るか?」という考えさせられるお話がありました。 また、鎌倉八幡宮で開催された「静の舞」のビデオも上映し、静御前のお気持ちに思いを馳せました。

2022-Jul-29-img19.jpg 2022-Jul-29-img20.jpg

6月の義経鎮魂祭と同様に今回の祭事も神社の行事として毎年開催され、地域振興およびこの地が愛と平和の園となるための一助となることを願います。

2022年8月1日付の岩手日日新聞に源義経・静義鎮魂祭の記事が掲載されました。

2022-Jul-29-img21.jpg

カテゴリ:Staffレポート

2022年07月30日 09:35 admin

インフォメーション

連帯東北・西南
具体的な支援活動

各地の支援をレポートします。

最近の記事

  • 地域の皆様との昼食会・夕食会、判官森散策(2022/11/1, 宮城県栗原市栗駒)
  • 栗駒山判官森 拝舞殿 落成式(2022/11/1, 宮城県栗原市栗駒)
  • 地域の皆様との夕食会、知勝院訪問(2022/10/31-11/1, 岩手県一関市)
  • 琴演奏会・地域の皆様との夕食会(7/29, 2022 岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)
  • 白幡神社 源義経・静義鎮魂祭(7/29, 2022 岩手県千厩町)
  • 源義経、静御前、源静義記念碑除幕式 (7/29, 2022 岩手県平泉)
  • 地域の皆様との夕食会-西和賀での昼食会(6/15-16 2022岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)
  • 千厩白幡神社 源義経鎮魂祭(2022年6月15日)
  • 福島、石巻、陸前高田訪問記(6/14 2022 千厩国際倶楽部)
  • 千厩国際倶楽部イベント - Green & White Day(緑と白の日(2022年5月7日)