一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

  • 日本語
  • English
  • Francais
  • Deutsch
  • 中国語



2017.02.13 08:36

大川小学校跡地に寄贈したエンゼル像に関するお知らせ(01/16 2017)

当財団では、2013年3月10日(日)、宮城県石巻市立大川小学校校庭跡地に東日本大震災で犠牲になった方々の鎮魂のためにエンゼル像を寄贈させていただきましたが、 岡田光世様の著書である「ニューヨークの魔法のじかん」にて、このエンゼル像にまつわるエピソードが書かれていることを知りましたので、 著者である岡田様の許可を得て紹介せて戴きます。

詳細については、添付 の231頁から233頁をご参照戴ければ幸いです。
「引用出典→書名:ニューヨークの魔法のじかん、著者名:岡田光世、版元(文春文庫)、発売日2014年2月7日」

以下、大川小学校にエンゼル像を寄贈するに至った経緯について、簡単にご説明させていただきます。

1.  リチャード・P・エヴァンス氏とエンゼル像

Richard P. Evans(リチャード・P・エヴァンス)氏は、1962年にアメリカ、ユタ州のソルトレーク・シティで生まれ、 家族愛をテーマにした作品を得意とする作家です(http://www.richardpaulevans.com)。 ユタ大学を卒業後、広告代理店に勤務し、仕事のかたわら自分の娘たちのために書いた「The Christmas Box」がクチコミで評判となり、 友人たちに勧められて自費出版したところ、全米でベストセラーになりました。 その後も、次々とベストセラーを執筆し、執筆活動のかたわら、恵まれない子供たちのための慈善活動にも積極的に取り組んでいます (日本では、講談社から、「クリスマス・ボックス」というタイトルで出版されています)。

物語の舞台となったソルトレーク・シティの墓地には、物語の象徴とも言えるエンゼル像が実際に置かれていましたが、 1984年の大洪水によって破壊されてしまいました。 しかし、1994年12月6日、エヴァンス氏により、お子様を亡くされた全ての方々のために、新しいエンゼル像が寄贈されました。 その後、エヴァンス氏の活動が多くの読者に賛同され、全米で次々とエンゼル像のレプリカを設置する動きが広がりました。 今では、世界中の100ヶ所以上でエンゼル像が設置されており、この日本のエンゼル像は、 118番目となります。毎年12月6日(本の中で、女の子が亡くなった日)には、多くの遺族や関係者が集合し、 互いに子供らを亡くされた悲しみを共有し、励まし合っておられます。

2.  被災地へのエンゼル像寄贈

当財団では、東日本大震災の直後から炊き出しや仮設住宅訪問など自立支援活動を続けて、被災者の方々の心痛の想いに触れて参りました。

被災者の方々の深い悲しみは、察するに余りあるものがあります。 代表理事の佐多は、お子様をはじめ、お親しい方々を亡くされた皆様を少しでも慰めることができないかと思案しておりましたところ、 エヴァンス氏と親しくしておりましたこともあり、被災地にエンゼル像を寄贈できればとの想いに至り、以来、この像の建立にふさわしい場を探し続けて参りました。

2.  武山様との出会い

財団は、自立支援活動を続けて来た中で、東日本大震災で児童74名、先生方10名が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校のある同市大川地区で、 地元住民による慰霊碑建立計画が進んでいることを知りました。 その後、同校の傍に慰霊碑を建立するために資金集めをされている、 釜谷地区慰霊碑設立委員会代表の武山郁夫様の事が書かれた読売新聞(YOMIURI ONLINE)の記事を拝見したことがきっかけで、 武山様にお会いする機会を持つに至りました。

武山様は、震災当日、仕事で浜松方面におられ、難を逃れたそうですが、大川小学校を卒業されたお嬢様(当時19歳)や奥様、 ご母堂様は、車で避難していた途中で津波の被害に遭われ、犠牲となりました。

代表理事の佐多は、実際に大川小学校を訪問し、武山様のお話を伺う中で、この場所ほどエンゼル像を置くにふさわしいところは無いと実感した次第です。 今回、大川小学校へのエンゼル像寄贈は、武山様のご尽力無くしては実現しませんでした。 武山様は、同校PTAの皆様をはじめ、多くの関係者と協議をして下さり、同校内に慰霊碑の一つとしてエンゼル像を建立することを正式に許可して戴きました。

以上

カテゴリ:Staffレポート

2017年02月13日 08:36 admin

2016.12.19 09:20

カレーイベント(12/18 2016 宮城県石巻市三反走(さんだんばしり)河北仮設団地)

12月18日(日)、宮城県石巻市三反走(さんだんばしり)河北仮設団地にて、「ともだちカレー®」提供を通して、 皆様とお話しをしながらご一緒に玉ねぎやトマトを切たり、ニンニクをおろしながら食事の準備をし、朝9時頃から午後3時頃まで楽しいひと時を過ごさせて戴きました。 この団地でのイベントは、2014年4月以来3度目の開催です。

2016-Dec-18-img1.jpg 2016-Dec-18-img2.jpg

我々のベースキャンプである一関市千厩(せんまや)近辺は、うっすらと雪に覆われていたのですが、石巻周辺は天候に恵まれて、穏やかな一日の始まりとなりました。 今回のイベントでも、仮設住宅にお住まいの方達に材料の準備をお手伝い戴けることとなり、会話を楽しみながらアットホームな雰囲気の中で準備を進めていきました。

2016-Dec-18-img3.jpg 2016-Dec-18-img4.jpg

おいしいカレーを作るためには、仕込んだ材料を炒めていくタイミングに注意しなければならず、材料の担当と鍋の担当の連携が重要になりますが、 今回も平泉より応援に来てくださった菅原様ご夫妻のご協力により、順調に準備が進みました。

2016-Dec-18-img5.jpg 2016-Dec-18-img6.jpg

昼前に予定通り「ともだちカレー®」の完成となりましたが、今回も集会室でおしゃべりをしながら食事を楽しみ、 お互いに交流を深めて戴くことが主目的でしたため、心苦しくはありましたが、集会室にて食事ができる方に限定して配膳させて戴きました。 前回と同じく、集会室には、大勢の方達にお集まり戴けて、大変な賑わいとなりました。

2016-Dec-18-img7.jpg 2016-Dec-18-img8.jpg

お食事後は、他の仮設から応援に来てくださった渋谷修治さんと佐藤寛哉さんがギターで歌を披露して頂く場面もあり、良き交流の場が持てました。動画にてお楽しみいただければ幸いです。

この仮設団地でのボランティア活動は、大川小学校跡地にエンゼル像を寄贈させていただいた際に親しくなった武山様とのご縁で始まりましたが、 震災から5年の年月を経て、武山様が次第に笑顔を取り戻されたご様子を拝見でき、スタッフ一同大変嬉しく感じました。

2016-Dec-18-img9.jpg 2016-Dec-18-img10.jpg

三反走仮設住宅団地入居者向けの恒久的な住宅が、いよいよ今年(2017年)から完成していく予定と聞きました。 私達は、引き続き、ささやかですが皆様全員が仮設住宅から退出されるまでサポートを続けさせて戴ければと考えております。 皆様の今後のご健勝と一日も早く平穏な暮らしを取り戻されることを心からお祈りいたします。

カテゴリ:Staffレポート

2016年12月19日 09:20 admin

2016.07.31 16:55

カトリック水沢教会 神父高橋昌様からのお知らせ

当財団では、既にご報告の通り、2013年3月10日(日)、 宮城県石巻市立大川小学校校庭跡地に東日本大震災で犠牲になった方々の鎮魂のためにエンゼル像を寄贈させて戴きましたが、 その際にお世話になったカトリック水沢教会の神父であられる高橋昌様より、 仙台教区司祭団月例会(2016年5月30日開催)にてエンゼル像の前で司教であられる平賀徹夫様の先唱で鎮魂の 祈りをささげて戴いたとの心温まるお便りを頂戴しました。

また、当財団で関わりを持たせて戴いています大籠教会でも、 平賀司教にミサをささげていただいたとのことでした。

これら2件について述べられているカトリック仙台教区報(2016年7月3日発行)を紹介させて戴きます。

詳細については、添付の(大川小学校で鎮魂の祈り)と(新緑に包まれた聖堂で司教ミサ 春の大籠巡礼)をご参照戴ければ幸いです。

大川小学校で鎮魂の祈り

sendaikyo-kuho_230-160703_okawa_s

新緑に包まれた聖堂で司教ミサ 春の大籠巡礼

sendaikyo-kuho_230-160703_okago_s

カテゴリ:Staffレポート

2016年07月31日 16:55 admin

2016.07.27 10:30

子供たちとのふれあいイベント(07/09 2016 岩手県陸前高田市)

2016年7月9日(土)、岩手県陸前高田市小友町(おともちょう)にて子供たちとのふれあいイベントを開催しました。 当財団の設立直後からご縁の出来た村上優一さん(小友町在住)に、事前の準備に始まり、当日の会場設営、船の手配、食事その他、様々なお世話を戴きました。

2016-Jul-09-img1.jpg 2016-Jul-09-img2.jpg

当初は港でバーベキューをする予定だったのですが、明け方から降り出した雨が止まなかった為、 会場を変更すると同時に軒下にブール―シートで仮設の雨除けを準備する作業からのスタートとなりました。 ハプニングは続くもので、バーベキュー用の機材も一部に積み残しがあり、炭を置くべき受け皿部分が無いことに気付き、 代用品となるトタン板を見つけて対応となりました。

2016-Jul-09-img3.jpg 2016-Jul-09-img4.jpg

室内では食材の仕込みが女性中心に進められ、外ではアウトドア活動に精通したスタッフが中心となり火の準備が行われました。 内外とも手際よく作業が進み、後は子供たちの到着を待つだけとなりました。

今回のイベントは、ある施設の子供達に漁業体験をしてもらおうとの想いから、実現に至りました。 いくつかのハードルを乗り越えて開催となりましたが、施設側の交渉窓口となってくださった金野様が、 我々の趣旨に賛同し施設の責任者に想いを伝え、説得してくださった結果です。 児童19名と職員6名の合計25名が午前10時に小友町の港に到着となりスタートとなりました。

2016-Jul-09-img5.jpg 2016-Jul-09-img6.jpg

村上さんの天洋丸から水揚げされたホタテ貝に、子供達も大喜びです。そばで見ていたスタッフも、 「これがバーベキューで食べられるかも?」との期待で胸がいっぱいだったようです。

2016-Jul-09-img7.jpg 2016-Jul-09-img8.jpg

食べることばかり考えていたスタッフとは違い、子供たちは魚釣りをしたいグループと船に乗りたいグループにわかれ、早速に行動開始となりました。 子供たちの釣竿に餌を付けているのは、釣り好きのスタッフですが、子供達よりも喜んでいたかもしれません。

2016-Jul-09-img9.jpg 2016-Jul-09-img10.jpg

乗船できたのは、定員オーバーにならないよう10数名に限定でしたが、港を出て40分程度の楽しい時間でした。 途中で村上船長は、ホヤを豪快に解体し、海水でさっと洗い皆に食べさせてくださいました。 陸の上の村上さんは笑顔が絶えない優しいおじさんなのですが、船の上では表情も引き締まり、かっこよかったです。 参加した子供たちは大満足だったようで、下船と同時に代表とハイタッチをして盛り上がりました。

2016-Jul-09-img11.jpg 2016-Jul-09-img12.jpg

港からバーベキューの会場まで数分の距離ですが、疲れてバテバテのタヘルを子供達が引いています。 会場にはホタテ、カキそして肉などが届いておりました。(なんと、港で見た大量のホタテがそのまま届いていたのです)

2016-Jul-09-img13.jpg 2016-Jul-09-img14.jpg

焼きソバを担当したのはアウトドア好きのスタッフでしたが、ビジネススーツで仕事をしている時よりも、イキイキと輝いていました。 ホタテとカキを幸せそうに焼いてくださったのは前平泉町長の菅原さんで、当財団の活動には必ず奥様同伴で参加してくださり、気が付けば、そばにいるのが当たり前の存在になっておりました。

2016-Jul-09-img15.jpg 2016-Jul-09-img16.jpg

肉を担当してくださったのは、花泉中学校でタヘルが講演をした際にお近づきになり、 何度か「ともだちカレー」イベントにも参加してくださっている先生お二人で、こちらのお二人もレギュラーメンバーになりそうな存在で、 今回のイベント会場への往復もタヘルと一緒の車で移動をして一体感は完璧でした。

2016-Jul-09-img17.jpg 2016-Jul-09-img18.jpg

会場には香ばしいにおいが立ち込めて、子供達も我慢の限界です。運ばれてきた毛ガニにもびっくりです。

2016-Jul-09-img19.jpg 2016-Jul-09-img20.jpg

肉と魚貝は子供たちに大好評でしたが、今回はカレーが無いのでタヘルの存在がうすかったのです。 しかし、タヘルの存在をアピールするかのように、自慢のスパイシーチキンを追加で焼きはじたのです。 このスパイシーチキンは、タヘルの奥様が前夜から仕込みをした本格的なものでした。 最初はマイルドな味付けをして子供たちに楽しんでもらい、残りは大人向けの味付けに変更して、いつものカレーで鍛えられているスタッフも大満足でした。

2016-Jul-09-img21.jpg 2016-Jul-09-img22.jpg

食事がひと段落すると、会場を見守っていた村上さんも安心した様子です。仲良し夫婦の菅原さんご夫妻は、最後までカキを焼いてくださいました。

2016-Jul-09-img23.jpg 2016-Jul-09-img24.jpg

夏のバーベキューでの定番行事は、やはりスイカ割りです。小さな子供から順番に全員が挑戦したのですが、 予想以上に難しかったようで、最後に挑戦した高校生の男の子が、何とかスイカを割ってくれました。 久しぶりのスイカ割りでしたが、いくつになっても楽しいですね!

スイカ割りのあと、午前中は釣りに夢中になり、船に乗れなかった子供達より船を出してほしいとのリクエストがあり、2回目の出航となりました。 雨も止み、曇り空となりましたので、快適なクルーズとなりました。2回の乗船体験ができた子もおりましたが、2回目も大興奮でした。最後にみんなで決めたガッツポーズ、素晴らしい笑顔でした

我々のできる活動は限られておりますが、徐々に広がってきている協力者の支援に助けられながら、様々な形で自立支援活動を続けてゆく所存です。

カテゴリ:Staffレポート

2016年07月27日 10:30 admin

2016.04.25 09:39

益城町にて炊き出しのお手伝い(04/23-24 2016 熊本県益城町)

4月14日および16日未明(マグニチュード7.3)に発生した熊本地方を震源とする地震において、被災した地域での緊急救援活動として、 名古屋に本拠地を置く在日ムスリム教団日本アハマディア・ムスリム協会のボランティア団体Humanity First Japanは、 4月17日に炊き出し等の支援のため熊本県益城町に入りました。 益城町は、震度7を2度にわたって記録するなど、今回の熊本地震で最も揺れの激しかった町です。 震度7を一連の地震で2度観測するのは、1949年の震度7導入以来初めてとのことです。

2016-Apl-22-img1.jpg 2016-Apl-22-img2.jpg

4月20日には、日本アハマディア・ムスリム協会の名古屋と東京支部から新しいボランティアチームも5000人の食料を持ち熊本県益城町に到着しましたが、 当財団のセイエド・タヘルもHumanity First Japanとは密接な係わりがある為、4月22日の夜から現地入りをして、短期間ではありましたが炊き出しのお手伝いを行ってきました。

2016-Apl-22-img3.jpg 2016-Apl-22-img4.jpg

炊き出しの会場となったのは益城町役場で、近隣の避難所からいらした多くの人達に温かいカレーを提供することが出来ました。 現地入りした当初は豆カレーを提供してきたのですが、あるスーパーで36Kgの鶏肉を入手することが出来た為、 週末となった4月23日と24日は皆様に元気を出しいただける様にチキンカレーを提供することが出来ました。

Humanity First Japanからの参加は大人数ではないので、交代しながら作業を行ってきたのですが、 近隣の大学からボランティアで作業に入ってくれた大学2年生の学生達のおかげで、昼の時間に遅れることなくカレーの提供が出来ました。

4月25日以降はボランティアの数も増えたので、Humanity First Japanのメンバーは活動拠点の名古屋に戻ることとなり、セイエド・タヘルも現地から戻りました。

アハマディア・ムスリム協会による動画は、ここよりご覧下さい。

アハマディア・ムスリム協会については、ここよりご覧下さい。

会場の様子は以下の動画をご覧いただければ幸いです

カテゴリ:Staffレポート

2016年04月25日 09:39 admin

インフォメーション

連帯東北 Staffレポート

現地駐在スタッフブログ

最近の記事

  • バイオリン ソロ コンサートツアー "再会への希望" --また会う日まで--(5/18-22 2018)
  • 第7回自立支援シンポジウム「東北から、ありがとう! Thank you from Tohoku!」の開催 (3/11 慶應義塾大学 三田キャンパス)
  • 夕食会ミーティング(12/23 2017岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)
  • クリスマスイベント(12/23 2017岩手県大船渡市 児童養護施設「大洋学園」)
  • カレーイベント(7/2 2017 宮城県石巻市三反走(さんだんばしり)河北仮設団地)
  • 千厩国際倶楽部でのミーティング(7/1 2017 岩手県一関市)
  • 子供たちとのふれあいイベント(7/1 2017 岩手県陸前高田市)
  • カレーイベント(3/12 2017 岩手県陸前高田市 下和野団地)
  • 自立支援シンポジウム:光に向かって(3/11 2017 岩手県一関市)
  • 追悼セレモニー(3/11 2017 宮城県石巻市 大川小学校跡地)