一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

一般財団法人 連帯 東北・西南 RENTAI TOHOKU-SEINAN

  • 日本語
  • English
  • Francais
  • Deutsch
  • 中国語



2021.10.30 11:56

地域の皆様との交流会(昼の部)-(10/30 2021岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)

2021-Oct-30-img1.jpg 2021-Oct-30-img2.jpg

10月30日(土)11:00より昼食会を我々のベースキャンプ「千厩国際俱楽部」にて開催しました。 2021年4月に発出された緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が、9月30日をもって全都道府県で解除されました為、約2年ぶりの現地訪問です。

久しぶりのイベント開催を祝福してもらったように天気に恵まれ、参加して下さった方々の笑顔も手伝い、素晴らしいコンディションでの開催となりました。

2021-Oct-30-img3.jpg 2021-Oct-30-img4.jpg

千厩国際倶楽部の屋外正面スペースにテーブルを並べ、新型コロナウイルス感染拡大の防止を考慮して会場を準備しましたが、 上着も不要なくらいの気温となり、紅葉が始まった屋外の景色も心地よく堪能できました。

今回は、久しぶりの開催であったことと、大人数での集まりは控えたいとの配慮から、いつも協力していただいている地域の方々に限定してお越しいただきました。 陸前高田の村上優一さんからは新鮮な魚介類を、そして大川地区でオランダ式水耕栽培施設の共同運営を立ち上げ、積極的に事業規模の拡大をしている武山郁夫さんからは、 施設で栽培したトマトとパプリカをプレゼントして戴きました。 村上さん武山さんありがとうございました。

2021-Oct-30-img5.jpg 2021-Oct-30-img6.jpg 2021-Oct-30-img7.jpg

昼食会後、千厩町の千田清子様(裏千家)に、茶会を開いていただきました。 陸前高田から参加した米沢祐一さんの奥様と長女の多恵さん(震災の年に生まれ、今年11才になりました)は、 長年に渡って茶道の稽古を続けているそうで、お手伝いをして下さったのですが、その所作に千田様からもお褒めの言葉を頂戴しておりました。

2021-Oct-30-img8.jpg
こちらも3度目の参加になります三味線奏者の佐々木博典さんには、3曲披露していただきました。昼食会を締めくくるのにふさわしい素晴らしい演奏でした。

我々の活動に協力をして下さってきた皆様が集まり、皆の近況報告から今後の地域活性化に向けた取り組み(千厩地域でオランダ式水耕栽培施設の立ち上げをしてはどうか)など、 様々な議論が行われました。今後も皆様のお力を借りながら活動をつづけてまいります。

カテゴリ:Staffレポート

2021年10月30日 11:56 admin

2021.03.12 12:06

東京都練馬区 浄土宗九品院 鎮魂の祈り(3/11 2021)

2021-Mar-11-img8.jpg 2021-Mar-11-img9.jpg 2021-Mar-11-img10.jpg

2021年3月11日(木)午後2時30分より、東京では浄土宗九品院(くほんいん)にて藤木様(名誉住職)のご先導で、 追悼と鎮魂の祈りが捧げられました。 セイエド・タヘル(弊財団評議員)も"アザーン"を通してお祈りを捧げました。 以下の動画をご覧下さい。

既によくご存知のことですが、岩手県陸前高田市の米沢祐一さんは、2011年3月11日の震災当日、 陸前高田市中心部で包装用品店を経営されていましたが、その日は鉄筋3階建てビルの屋上に避難し、 最後は煙突部分に登って九死に一生を得ました。米沢氏は自身がこの建物を後世の為に残すことを決め、 大規模なかさ上げ工事により被災前の面影が消えてゆく街の中心部で、震災遺構として自費でビルを残され、 今にその経験を語り続けておられます。

建物屋上にある煙突の「津波到達水位」を示す看板には、次に津波が来たときには誰にも死んで欲しくないとの願いが込められておりますが、 震災直前に生まれた長女の米沢多恵ちゃん(小学校4年生)は、「防災マイスター」を目指す人を対象 (本来は中学生以上)にした講座を受講し、 別枠のキッズマイスターに認定され、けなげに父親の活動を支えています。

2021-Mar-11-img11.jpg 2021-Mar-11-img12.jpg
2021-Mar-11-img13.jpg 2021-Mar-11-img14.jpg

私共のささやかな自立支援活動も10年を迎えましたが、東日本大震災の犠牲者やご遺族の皆様のご冥福を改めてお祈り申し上げると同時に、 希望に向かって歩まれておられる多くの皆様のご多幸を祈念致します。

カテゴリ:Staffレポート

2021年03月12日 12:06 admin

2021.03.12 11:47

千厩国際倶楽部 植樹イベント(3/11 2021)

2021-Mar-11-img1.jpg 2021-Mar-11-img2.jpg

震災から10年目を迎える2021年3月11日(木)午前10時より、当財団の活動拠点となる千厩国際倶楽部にて、 村上一朗さんの先導で、鎮魂の願いを込めて7本の桜の植樹(補足1)がなされました。

2021-Mar-11-img3.jpg 2021-Mar-11-img4.jpg

当財団では、自立支援でお役に立てばと震災直後より活動して参りましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、現地へ赴いての支援は昨年来やむなく断念しています。

2021-Mar-11-img5.jpg 2021-Mar-11-img6.jpg 2021-Mar-11-img7.jpg

【補足1】

植樹は当財団の設立当初より現地でお世話になっている村上一朗氏(弊財団理事)、小野寺慶士氏(株式会社アグリサービス代表取締役)、 尾形香氏(有限会社尾形建設 代表取締役)、佐藤伸朗氏(酪農家)の4名によって行われました。

カテゴリ:Staffレポート

2021年03月12日 11:47 admin

2020.02.05 09:36

陸前高田市「防災マイスター」に小学校3年生が別枠で認定されました

当財団の評議員を引き受けて下さっている岩手県陸前高田市の米沢祐一さんは、 2018年度に陸前高田市の「防災マイスター」に認定されておりますが、長女の 米沢多恵さん(小学校3年生)も、「防災マイスター」を目指す人を対象 (本来は中学生以上)にした講座を受講し、別枠のキッズマイスターに認定 されました。

そのことが 2月4日付け岩手日報の朝刊にて掲載されておりますので、紹介させて戴きます。

ある養護施設の子供たちに漁業体験をしてもらおうとの想いから始まったイベントですが、毎年の恒例行事となり施設の皆さんが楽しみにしていたそうです。 3台の車にて約20名が小友町の港に到着すると、子供達は村上さんと代表理事を取り囲み、イベントのスタートとなりました。 驚くことに、船の名前を憶えている子供もいて、「天洋丸に早く乗せて」と早速におねだりが始まった様です。

米沢祐一さんは、復興が進む陸前高田市で、東日本大震災当時のままの姿を残す 自社ビルを自力で震災遺構として残すことを選択し、これまでに多くの方々に 案内を続けており、娘の多恵さんが防災に強い関心を持つようになったことは、 非常に心強いのではないでしょうか。

カテゴリ:Staffレポート

2020年02月05日 09:36 admin

2019.09.16 16:04

子供たちとのふれあいイベント (9/15 2019 陸前高田市)

2019 年9月15日(日)、岩手県陸前高田市小友町(おともちょう)にて、ある児童養護施設の児童(以下 子供たち)とのふれあいイベントを開催しました。 毎年の恒例行事となりましたが、漁師の村上優一さん(小友町在住)に、事前の準備に始まり、当日の会場設営、船の手配、食事その他、様々なお世話をして戴きました。

2019-Sep-15-img1.jpg 2019-Sep-15-img2.jpg

天気に恵まれ好調な滑り出しとなり、会場の事前準備もスムースに行えました。村上さんの天洋丸も準備万端で、あとは子供達の到着を待つだけとなりました。

ある養護施設の子供たちに漁業体験をしてもらおうとの想いから始まったイベントですが、毎年の恒例行事となり施設の皆さんが楽しみにしていたそうです。 3台の車にて約20名が小友町の港に到着すると、子供達は村上さんと代表理事を取り囲み、イベントのスタートとなりました。 驚くことに、船の名前を憶えている子供もいて、「天洋丸に早く乗せて」と早速におねだりが始まった様です。

2019-Sep-15-img3.jpg 2019-Sep-15-img4.jpg

村上さんは、子供達のリクエストに応じて下さり、すぐにクルージングを始めて下さり、合計3回に分けて湾内を案内して下さったのでが、皆さんが大喜びでした。

2019-Sep-15-img5.jpg 2019-Sep-15-img6.jpg

当財団のタヘルも子供たちと一緒にクルージングを満喫!最後は接岸作業をしていた村上さんのお手伝いです。

2019-Sep-15-img7.jpg 2019-Sep-15-img8.jpg

今年も釣り好きのスタッフが仕掛けなど準備し、釣り楽しみにしていた子供達と楽しい時間を過ごしました。たくさんの魚を釣ることが出来て、子供たちは大興奮でした。 小さなサバを釣り上げ、その後に焼いて食べることが出来たラッキーな子もいたほどです。

2019-Sep-15-img9.jpg 2019-Sep-15-img10.jpg

本日のメイン食材は、村上さんが沖合で調達してきた毛ガニでした。 タコもたくさん頂きましたが。毛ガニは、我々がカレー作りで使用している大鍋を使って茹でたあと、村上さんの奥様に指導を受けながら子供達の為にカニを食べやすく加工しました。 食べるのは簡単ですが、作業は大変だった様です。

2019-Sep-15-img11.jpg 2019-Sep-15-img12.jpg

バーベキュー台は2セット用意し、鉄板と網に分けて肉、野菜、魚介を焼いております。 いつも原色のTシャツ姿で登場される村上さんですが、今年は黄色で背中には「岩手」ではなく「北海道」とのプリントがありました。 日に焼けて逞しい姿、とてもかっこよかったですが、いつもの様に笑顔がかわいらしく素敵でした。

2019-Sep-15-img13.jpg

大槌町吉里吉里の高橋和尚(吉祥寺)が、ご息女と共に励ましに来てくださいましたが、お土産におやつもたくさん持参して下さり、子供達も大喜びでした。

我々のできる活動は限られておりますが、協力者の皆様の支援に助けていただきながら、今後も様々な形で自立支援活動を続けてゆく所存です。

タコの村上さん、そして奥様、ありがとうございました!

カテゴリ:Staffレポート

2019年09月16日 16:04 admin

インフォメーション

連帯東北・西南
具体的な支援活動

各地の支援をレポートします。

最近の記事

  • 地域の皆様との昼食会・夕食会、判官森散策(2022/11/1, 宮城県栗原市栗駒)
  • 栗駒山判官森 拝舞殿 落成式(2022/11/1, 宮城県栗原市栗駒)
  • 地域の皆様との夕食会、知勝院訪問(2022/10/31-11/1, 岩手県一関市)
  • 琴演奏会・地域の皆様との夕食会(7/29, 2022 岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)
  • 白幡神社 源義経・静義鎮魂祭(7/29, 2022 岩手県千厩町)
  • 源義経、静御前、源静義記念碑除幕式 (7/29, 2022 岩手県平泉)
  • 地域の皆様との夕食会-西和賀での昼食会(6/15-16 2022岩手県千厩町 千厩国際倶楽部)
  • 千厩白幡神社 源義経鎮魂祭(2022年6月15日)
  • 福島、石巻、陸前高田訪問記(6/14 2022 千厩国際倶楽部)
  • 千厩国際倶楽部イベント - Green & White Day(緑と白の日(2022年5月7日)